アイヌアートなプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS j自分の作品は 自分そのもの 自分の言葉は自分そのもの

<<   作成日時 : 2010/02/11 10:04   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
画像

棟方 志功(むなかた しこうさんは 青森のスピリットを表現させたら凄いよな
あの柵からはみ出そうになるほどの 迫力とストレートさ エロスも神の世界も 志功さんから見る世界は
本当に生き生きと 浮かび上がる もはや青森だけではない あの時代の日本を表現している
民芸、宗教、自然、大好きでたまらない世界を 思いのまま彫りあげた
でもその男の大きな世界は日本の美術界では受け入れられず 結局海外の評価を受け
日本の美術界に風を吹き込んだ
これが戦争中だったら 世界に向かえない時代だったらと思うと 志功さんはどうだったんだろうな
枠を打ち破るほどの思いも 志功さんにはあったのだろうね
版画の世界は 何度も 表現をかえてくれる
板に彫りとして向きあい 表現する世界 それを刷りさらにこちらに見せてくれる世界
そして 色を加え 更なる世界の充実を目指す世界
何度も自分に出会い 自分を見る
余分な 欲や 狙いに 自分の最初のインスピレーションを壊される時もあるし
すべて 終わってから 時間が経ってからにじむ世界もある
版画というのは ホント 不思議な表現世界である

現代にもそのスピリットで表現する作家もいる
自分の生きる大地から その土地のスピリットから 豊かに作品を生み出している
沖縄の名嘉睦稔 さん- 1953年沖縄県伊是名島生まれ。 もすばらしい
ひとつの作品の中に まるで その季節の花を咲かすように 世界を広げて行く
志功さん同様 その世界に愛情を持たないかぎりあの世界観は拡げられない
奥にその表現(ある意味語り)の続きが繰り広げられるかのようだ
そこまでの想像力が同時にないと 作品は生きてこないと思う

この二人は 時間も 世界も超えて うったえてくる
海には海のスピリットを呼び
女性には 女性の持つ 神なる世界のつながりを示せる表現
凄いよな

残念な事に 実際に志功さんには 会うことができなかったけれど
ボクネンさんには 会うことができた
あまりにも 大きなオーラと憧れに 何を話したかさえ記憶にない(小さき私である(笑))
映像で見てもわかると思いますが 彼の言葉は 豊かで大きいな
作品の中に それがにじみ出てるよね
作品はその人間そのもの 言葉もその人の心が出る

ましてや 表現をする人生を持つ人は 尚更

世の中は 仕事、宗教、などたくさんのカテゴリーの中で 人間たちは修行している

画家という世界は 複雑で 食いにくい
でも すてきな 人間たちも 確かにいる
世の中は 甘くなく 世間も認めにくい 相当大変な世界

余分な物 そぎ落としたり 付け足したり
馬鹿にされたり 評価されたりを 繰り返す

でも 自分を持ち 自分を信じ すてきな世界を 見てもらえる作家に向かう
嘆くもエネルギー 悲しみもエネルギー 喜びも 愛も エネルギーに変える

その世界 俺は 信じられる

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
凹んだり迷ったり人間くさいですね。確かな足跡感じてます
ワルサー
2010/02/11 10:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
j自分の作品は 自分そのもの 自分の言葉は自分そのもの アイヌアートなプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる